Operation has been completed well : 手術無事終了

It was kind of celebrate news last nigh, but it’s pretty bad news today, would be completely opposite detail.
I wrote down something serious couple of days ago, in short, my father had a cancer.
We could guess he would have cancer by his daily life, so nobody was really surprised in my family.

By the way, it was an operation day today and it was not impossible operation and it’s been succeeded.
He’s gonna stay in the hospital another 2 weeks and come back.

Everybody (including my father hisself and me) was so optimistic about this situation and result was pretty satisfied eventually.
In fact, there is one thing we can’t be optimistic that he is a bit old and he will probably have cancer again or other desease.
I’ve already thought once it happenes, but I’m thinking a lot of things.
I hope he will be fine as long as he can. (Don’t live too long if he has Alzheimer… it can be kidding, can be serious)

I feel something like nostalgic that I was only playing tennis when I was young.
By the way, I’m taking care of friends dog again.
I’m living with dog racist, so I feel very sorry for one of my friends.

==================================

昨日はお祝いな感じでしたが、今回はまた正反対のような内容です。
先日、意味深なことを書きましたが、要は父親が肺がんになりました。
生活から考えて遅かれ早かれというところだったので、一様に周囲は驚きませんでした。
まあそんなこんなで本日が手術だったのですが、懸念された手術不能、ということもなく、転移もなく無事完了したようです。
この後、2週間入院して経過を見て退院となるようです。

本人含め周囲(私も)も楽観視していたようで、結果が良好で良かったです。
唯一楽観視できないこととしてはもう歳ですし、生活習慣からすると他の疾病、がんの再発も考えられます。
覚悟は決めていますが、色々と考えるところはありますね。
まあできるだけ長生きして欲しいと思います。(アルツハイマーとかになって長生きだけはないでね・・・)

部活だけしていたころが懐かしいです。

そうそう、新しいわんこを預かりました。
犬種差別者の人間がいる我が家ではある友人に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です