我がパートナー

I had dinner with workmate of my parther today but his rumor was disaster rather than bad. He was said a lot of bad things by his workmates.
To tell the truth, while I was increasing meetings with my partner, I realized that his problems but I prepared that I will support him and will run our business.
I think about my English is not good enough for at the beginning business and his marketing network is dependable. In fact, his company hasn’t finished for a long time.
Anyway, his English doesn’t seem to be good but he could be at selling and it seems to be miracle story. The company network trouble happened today and I tried to talk about it with customer service by the phone and then I could resolve that problem. I’m confidence with current English from these two factors somehow. It’s nealry so-what attitude.
I don’t care about that there are a lot of people who criticize my partner.
I judge by myself at the end.
I let me succeed since I do it.

===============

今日、パートナーの従業員と夕食に行ったが、どうもパートナーの噂は芳しくない。というより最悪。ぼろくそに言われていた。
まあ、正直なところ、パートナーとのミーティングを増やしていく中で彼の問題点には気付いていた。途中で覚悟を決めた。彼のサポートは視野に入れながらビジネスを展開していこうと。
やはり、はじめの段階としては自分には英語力が不足しているし、彼の持っている営業ネットワークは頼りになる。それに、彼の企業がつぶれないで数年持続しているということは事実なのだ。
ところで、彼の英語はかなりひどいようだ。でも営業できている、奇跡のような話だ。それと、今日、会社のネットワークで障害が起こり、担当の企業に電話して対応したがなんとかなった。この二つの要素から現在の英語力でもなんとかやっていけそうな自信が生まれてきた。というより開き直りに近いけど。
まあ、批判する人が多くたって関係ない。最後は自分で見極め、価値判断。やるからには成功させると強く思った。

2006-09-27 22:17

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です