出資を得る。本当の友達とは?

詳細は伏せるものの先日、友人からの出資(現時点では借り入れだが)を受けることとなった。

お金を出してくれる人はこれからも出てくれるとは思うが、今回のは正に「粋」そのものだった。

ケースバイケースだとは思うが、基本的には出資には事業計画や配当など、借り入れであれば利息、返済期間などの詳細を詰めなければいけない。

今回、その友人は今までの自分との信頼関係から、自分の事を信じて正に「ポン」とお金を出してくれた。
本当にほとんど「何も」聞かずに出してくれた。最悪返ってこなくてもいい、くらいの覚悟で・・・

こんな嬉しい事があるだろうか?
もちろん、お金という重要な要素は最も嬉しくありがたい事ではあるが、自分の事を信じてそういう事をしてくれる友人がいてくれる事が嬉しい。
友人には本当に感謝。

こんな「粋」な男がいるだろうか。見せかけの粋、とかではない。本当の粋な男だ。涙が出る。

実は将来ベンチャーキャピタル、まあ個人投資家でもいいんだが、若い人に投資して一緒にビジネスをしたいと考えており、正にこの友人のような事を人にしてあげたいと思っていた。
まさか自分がしてもらうとは・・・

ビジネスって、もしかすると粘ってやっていれば成功するものって少なくないかも知れないが、大抵は資金が続かなかったりして頓挫してしまう。(撤退も重要という観点は今回おいておいて)
今回、その大きなチャンスを得た事になる。

そして今回の件で、非常にいい効果がいくつか出た
1.期間、金銭面で余裕が持てた
2.人のお金、ということで自分の腹が完全に括られた。
3.こういう友人がいた事でモチベーションが上がった

どうも自分だけで何とか死なないように、という生活は出来ない事は無い。
ただ、それだとどうしても甘えが出てしまう。今回はそれが断ち切れた事が本当に大きい。

こんな粋な男の期待には絶対に応えなければいけない。本当に感謝。

絶対にプラスにします。急ぎます。休みません。

そしてお互い絶対に「上がって」本当に好きな事をやろう。
これが本当のスタートだ。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です