大学受験の予備校にいた人間の語る大学不要論

友人が大学不要論を書いていて、共感したのでコメントしようとしたら長くなったのでこちらで別に書いてみる事にしました。

大学不要論

私は仕事で大学受験の現場にいましたが、そんな現場にいながらも大学受験の必要性を感じません。この想いは高校受験・中学受験ひいては小学校・幼稚園・保育園入試においても等しく同じです。

もし、少しだけ違うとするならば中学受験。中学受験時の12歳はゴールデンエイジとも言われ、人間が最も成長するタイミングとも言われるので、そのタイミングで鍛えまくるのは意味があるとも思うので、それはアリかも知れません。中高一貫校の人間が確率的に優秀になるのは否定する要素が無いと思います。

ただ、これに関して言うならば、結局の所、小学受験であれ大学受験であれ、その場で与えられた環境で最大限努力出来る人間なのか否か、ということが問われている訳でその都度成果を出してより高いレベルの高校・大学に進んだ人は評価されるべきではあるとは思います。

結局はその都度の努力

もしも、大学受験を考える段階で、自分に他のスキルで一流のものがあれば大学なんて選択肢は無くても構いません。だってサッカーのネイマールは2015年のW杯の当時、21歳か22歳ですよ。

いわゆる大学3年生か4年生ですよ。ネイマールが大学に通う必要がありますか?当然ありませんよね。

しかしながら彼がその位置に行くまでには常人では想像できないような努力を積み重ねているはずなんです。しかも本人はそれを苦痛とも思わずに。

結果的に考えれば、成果や結果というのはその人の努力に過ぎないのです。圧倒的努力。

運?運はあるとも思いますが、努力した人には必ず運はついてくる。いや、運とか言う要素に左右されないレベルまで自分を持っていくことが出来るのが努力だと思っています。

ゴールが大学がまずい

今の日本の教育業界のゴールが「大学」ということがまずい。小学校、中学校、高校、全てその先に待っている「大学」が最終ゴールになって皆勉強をしている。その大学自体が不要かも知れないのに。

実際大学で本当に必要なのは?って考えた時に超大雑把に誤解を恐れずに言うと弁護士が法学部(今じゃそれだけで済まずにロースクールまで)、医者を志望する人が医学部、これくらいしか必要では無いのでは?とも思う。言ってしまえば法学部すら要らない。お医者さんは流石に資格制とかにせざるを得ないと思うので。

この大学が勉強の最終ゴールになっていることがまずい。

だって、実社会に出て皆さんは何をするの?営業、マーケティング、その他諸々。大学で学びますか?結構な人数が進むであろう営業職、でも大学に営業学部ってありますか?実践で使えることを学ぶ学部ってありますか?究極的に言えば文系学部なんて全て要らないんですよ。

リーガエスパニョーラに逝け!

再び、大学自体の意義に関して考えると、例えばゼミのようにその場に集まって議論をして、という場は必要にはなると思う。大学もオンラインで無料で授業は受けられるようになって、学位だけは有料になる、とかいう時代が来るはず。この辺書いたのに見つからなかったので、まあそんな感じで。

ここまで大学不要論というスタンスを取ってきましたが、2点だけ、この受験勉強ということに関しては意義を感じています。

・受験勉強を通じた本人の成長

・大学で出会える人の質

要は大学受験を通じて努力するので人が成長するんです。そしてその成長の度合いが高いか低いかがその人の能力になるわけです。スタートのレベルはどうでも良くて、Lvが99になるのか、80になるのか、それが当人の努力の結果なわけですね。

そして、大学の意義として感じるもう1点がその大学において会える人間の質が変わる、ということ。結局競争を勝ち抜いてきた人間たちなので優秀なわけです。高校・大学と人間は選抜を受けて、そして自分と同様のレベルの人間たちに囲まれる事になります。それは更なる成長につながりますよね。

Jリーグでトップにいるよりリーガエスパニョーラの仮に下位にいたとして、どちらが成長するの?と言われれば答えは明確ですよね。自分をより高みに置きましょう。

日本よりメジャー、Jリーグよりリーガエスパニョーラ、ブンデスリーガですよ。(日本リーグのレベルアップは切に願ってますけど)

義務教育って?

ちなみに、自分の友人は今ダンスのインストラクターとして生計を立てています。我々の中高生時代はダンスはもちろん必修では無かったですし、将来それが仕事になるなんてとても思えなかった時代です。

しかしながら、友人たちは今立派にダンスで飯を食っています。ダンス?義務教育で1mmも習わなかった事で飯を食ってる?学校って何?

1人の友人に関しては未だに九九が出来ません。冗談抜きで。良く特別学級に入らなかったかと思いますが、本当にギリギリのラインです。でも彼にはダンスがあった。他の誰よりもカッコよく踊れる能力が彼にはあった。そんな彼に学校って必要だったのか?

お前は頑張れ

友人も指摘している通り、大学不要論は努力できずに学歴が得られなかった人間は唱えるべきではない。また、学歴なぞ得られなくても社会的に成功している人はこんな事考えなくていい。

結局、与えられた土俵の上で頑張りきれなかった人が大学不要論を唱えたりするとそれはカッコ悪いという他無いですよね。

だから、そうならないようにお前は頑張れ!

中途半端な能力、努力しか出来ないやつはつべこべ言うな。とにかく今の目の前の勉強を頑張れ。君が次のドラフトで1位指名されるなら学校なんて行かなくていい。

そうではないのなら、

とにかく頑張れ!つべこべ言うのはそのあとだ。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

3 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です