Moving away from the sciences : 理系離れ

I’ve read Nikkei and it says that Japanese young stundets are moving away from sciences written by Taki from Guru-navi.

He introduced that Novel prize winner Masatoshi Koshiba says “Master students who study sciences teach sciences at Junior High which they graduated. And they exempt from scholarship. Canada is working on it.” That’s really good thing.

Teacher should have interests and enthusiasm.

===================================

日経でぐるなびの会長の記事、理系離れについて書いていた

ノーベル物理学賞を受賞されている小柴昌俊氏が「理科をやっている大学院生に自分の出身中学で、ある期間教えさせ、その分、奨学金の返還を免除してやればいい。カナダなどではそうやっており、子供の理科離れなんてない」とあった。非常にいいことだと思った。

本当に興味と熱意がある人が教えた方がいいもんね。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です