Kokubo Kazuhiro (Snow Boader) : 国母和宏

As I mentioned before that Asasyoryu was not bullied because of he is not Japanese. It proved this news which is Kokubo was not wearing national uniform properly.
Japanese don’t like people who are extraordinary. A tall tree catches much wind.
This is because of his uniform and I felt this was exactly Japanese. I thought let him perform at the competition first. If he doesn’t get any good result, he will make him miserable by himself. Japanese tend to be too modest then result also tends to be worse. This is Japanese.
Seiko hashimoto, captain of Japan team let him snowboad. That decision is really nice.

I wish him to get gold medal to change people’s mind.

After he gets gold medal, I think he should reflect on this problem like “Sorry, I was too young.”. He will probably regret what he did in 5 years or 10 years. If he doesn’t want somebody else complain to him, he needs gold medal.

As I mentioned before, everything is based on rules, so after achieve your dream let’s reflect on it. Don’t lose before the race.

I think that Japanese should balance on keeping history and breaking history.
This might be why Japan is still kind of isolated.

==============================

さて、日本人ではないから攻められたという意見が朝青龍の時にあったと思うが、それは関係ないことがここで証明された。
ようは日本人は型にはまらない、出る杭は打たれるのだ。

今回は服装が取り沙汰されたが、一番最初に感じたのはああ、日本人的だなぁと思った。まず滑らせればいいではないかと思う。結果が出ないで一番惨めなのは自分なのだし、何事にも謙虚になりすぎてしまい、結果も小さくなりがちなのが日本人だ。
そこで試合で結果を出せ、今回の橋本聖子団長の決断は良かったと思う。

国母本人もここで金メダルでも取って見返してやれ、と思います。

金メダルを取った後、反省すればいい。ちょっと若気の至りでした、と。自分自身だって5年後、10年後、振り返ってみたら恥ずかしいと思うかも知れないし、とにかく周囲にぐだぐだ言わせないためには、金メダル、これにつきます。

ただ、何事もルールにのっとっているので、結果を出した後、必要な反省、謝罪をしよう。レース前に負けるな!

日本はいい加減、伝統を守る部分と壊す、というか変えていくバランスをうまく取れるようにならなければいけない。
世界においていかれているのはこんなところにあるのかも。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です