マイナスが生まれない時に悩む、という選択肢は無い

astronomy-earth-explosion-2166-525x350

先日、何人かの教え子たちと話をする機会があって、話をしていた。

 

その彼は古着などに興味があるけど、あまり現実的に進めていくイメージが湧かない、と。

もう古着に興味がある、という事が大きなきっかけになる訳です。

 

ただ、いきなり古着屋の店舗を構えるか?というと資金もいるし、ノウハウも分からない。

では何から始められるか?

やっぱり手っ取り早いのはオークションですよね。

今の時代、ヤフオク、LINE MALL、メルカリとあります。

ヤフオクは出品に月額のお金がかかる。じゃあLINE MALLとメルカリは無料。

 

悩むという選択肢は存在しない

例えば、何かを始める時に100万円でも1億円でも出費しないと始められないものなら、「悩む」という選択肢は存在すると思うんです。

ただ、その行動を起こす際に、マイナスが無いのであれば「悩む」という選択肢は無いはずなんですよね。

強いて言うなら自分の腕を動かす、程度の労力な訳です。

 

でも多くの人が、無駄に売れるかな?とか自分に出来るかな?とか悩んでしまう。

別に出して売れなくなってマイナスは無い。今の時代何でもかなり便利になっているから、やってやれない事はない。おじいちゃんじゃないんだから。

 

いきなり6,000円

結局、その子は早速始めてみて、いきなり6,000円売れたそうだ。

これが実績で、まずこれが成功体験になる。このまま、このビジネスの規模を増やしてもいいし、こうしたノウハウを蓄積して別のものを手掛けてもいい。

動く、という事の重要性を認識出来た事が最大の成果な訳で。

これからが楽しみです。

 

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です