本田圭佑を叩く出る杭をたたく日本、チャレンジ精神は育まれない

さて、2014年ブラジルW杯において日本代表が予選リーグで敗退する事となった。
今日未明からは決勝トーナメントが始まる。

大会前からビッグマウスとか色々と言われてきたけど、この敗退でそのバッシングが色濃くなった。
日本のスポーツ誌の一面は全部バッシング。
aeb10688-s

旧来のメディアは本当にひどい。ただ、それを見ている、求めている層がいる、ということもまぎれもない事実。
インパクトがあればあっただけいいんだろう。TVのニュースだって悪いことばっかり流す。誰かが人助けしました!なんて滅多に流れない。

ビッグマウス、いいじゃないですか。分かっていた事です。一種プロレスみたいなもん。格闘技の試合の前の煽りVTRみたいなもんでしょ。
で、W杯自体だってちょっと前まで出る事自体が夢、みたいな所から「優勝」というそれこそ夢を本当に語る人が出てきた。大いに結構でしょ。なでしこは優勝してんだ!
後何大会かして本当に優勝戦線に日本が名乗りを上げたころ、今叩いている人たちは手のひらを返したようにブラジル大会辺りを美化して振り返ったりするのかな。

人は自分では出来ないと思われる事を言う人を批判する。アイデアキラーを参照。
そんなもんは無視だ!

スポーツは観ている人からすればエンターテイメントだ。お茶の間で楽しませていただいた自分としては満足。
でも、中には鬼の首を取ったように叩いて騒ぐ人たちもいる。実際金を奪われたり、殴られでもしたのだろうか?と思うくらいに叩く。何の被害も無いでしょうに。
こっちなんて声援を送ったくらいだ。しかも代表戦の時しか応援しない、言わば「にわか」だ。WBCなんて始まれば今度は野球を応援する。そんなもんだ。

アスリートは結果が全てなんて監督・選手は言わずもがな分かってるし、お茶の間のおっさんのバッシングに耐えなきゃいけない事も分かってる。
うちのおやじさんも本田は・・・なんて言ってるくらいだし。

かのバッジオが言ってましたよ。
「PKを外すことができる者は、PKを蹴る勇気のある者だけだ」
PKを蹴ってすらいない奴らがぐだぐだ言いなさんな、と本当に思う。

本当のファンってのは!裏切られても、失望させられても応援するものだ!と声を大にして言いたい。だからこれからも応援します。
応援するからには建設的な批判、ということはもちろんあるんだと思います。

ビッグマウスで出る杭打つのではなく、個性を伸ばしてあげられるように、と思う。そして若くして世界の舞台に立つ人間をもっともっと増やさないと。
ネイマール22歳、コロンビア戦で見事やられましたハメスロドリゲス(イケメン)22歳ですよ。

若い才能がもっと開花出来る国になって欲しいな、と思う。
自分ももっと頑張ろう、と。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です