ほめられて伸びるタイプです、とか言う奴

ほめられると伸びるタイプです。

とか言うのをたまに聞く。

実際問題どういう事なんだろうか?

自分の人生を振り返ってみるとそこそこ褒められることが多かったようには思う。
でも、それは結局褒められるだけの行動だったり努力だったりをしていたからだと思う。

褒められるべくしほめられる、とでもいうのか。

実際モチベーションを上げる、とかそういう事があるんだろう。

ただ、努力の結果、褒められるという報酬が得られるはずなんだ。
つまり、褒められたい、とまず考える人はまず報酬ありきなのでは?

おじいちゃんおばあちゃんが無償で子供を褒める。これも褒めるだ。猫可愛がり、とも言う。
果たしてこれでモチベーションは上がるものなのだろうか。結局これで本当に人は伸びるのだろうか。

やっぱり、自分が努力して出した結果を評価された方が嬉しい。
それに、何か目的があった場合、評価されることを意識して努力するわけではない。
目的を果たすべく、無償で取り組むんだ。自分へのボランティア活動だ。

深く考えすぎかとも思われます。
が、教育業界という所にいるとそうもいかない。

だから、褒められたら伸びるタイプ、何て言う奴はそもそも何もしていないんじゃないか?
頑張りゃ勝手に褒められるんだよ。

そして頑張るやつは褒められる事なんか求めてない。その先にある本当に欲しいものに向けて努力してるんだ。

と、私は思うのであります。

明日はお休みであります。

シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です