体のケアをすること

今日は午前中、ご老人のディズニーランドに行き、夕方は現役スポーツ選手の体のケアをしにお世話になっている先生の元に行った。

するとやっぱり顔の広い先生だから、大学の後輩もやっぱり何人も来ているようです。

 

スポーツ選手で無かったとしても体のケアをするって事は重要で、健康を保つために色々とやるべきですね。

自分はもう本格的にスポーツはやっていないですが、走ったり、ストレッチしたり色々と体をケアしてます。

高校以来、その先生の教えの下、体をケアし続けてます。だからまあ、健康で過ごせてます。

今度、体の中の検査は一度しておいた方がいいかな、とは思っていますけど・・・

 

別に長生きを目標にしている訳では全く無いんですけど、日々絶好調で過ごしたいからですね。

逝くならぽくっと逝きたいです。

 

でも、それにしても最近の早大軟庭部の現役の選手たちを見ていると男女問わず皆細い。

最近の若い子は総じて背が高くなっているのも相まって、より細く見える事もある。

 

現役選手に聞いたら走り込みなんかもほとんどしないようだ。なので、結構体幹とか科学的なトレーニングは多く取り入れているという事。

でも体力ってどうやってつけるんだろう?と率直に思った。単純に走り込み以外無いのでは?と思うんだけど、どうもそれも古い常識のようだ。

 

ラケットの性能も上がっている、という事もあると思うけど、それだけでは説明出来ないかなとも思い始めました。

自分たちの時の常識なんて既に通じないんだなーと。

 

年の割には若く元気でいようと思います。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Tags:,

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です