ビジネスプランを客観的に見る

buildings-curacao-lights-2130-525x350

 

今日は一つ打ち合わせをしてビジネスプランなどの話し合いをした。

どうも、パッと話を聞いた段階でそれがいいかどうかが判断できるようになってきた。

やはり、それ自体を客観的に見る事が出来るからだろうか。

 

ではひるがえって自分のはどうか?自分のは大分理念とかそういうのは放っておいてかなり現実的に考えられるようにはなったかな、と思っています。

が、それも思っているつもりだったりするのでもっともっと客観性を持って、厳しく見る癖をつけないといけない。

自分の発想に関してはやはりどうしてもこだわりみたいなものが残ってしまうので、それが悪い部分もあるかとは思います。

 

ただ、誰しもその段階で将来的な可能性を正確に把握出来る訳では無いので、自分自身が本当に可能性を感じているのであればとことんやる、という覚悟を決めるのは一つ手、かと思います。

一人が本当に信じ抜いてとことんやれば出来る事は決して小さくはないはずです。

 

それでも、あまりにも非効率だったり視野狭窄になっていると無駄な努力になってしまうので、そこだけは気をつけたいですね。

自分はそういう傾向が強かったりするので。

たまには誰かにレビューしてもらうようにしよう。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です