今後知識は覚えないでクラウド化していく?

airport-amsterdam-arrival-2069-828x550

最近考えているのは知識とか情報すらもあまり覚えなくていいのではないだろうか?と考えています。

 

情報自体は基本的にインターネット上に存在し、例えば必要な情報はその都度Googleで調べたらいいし、自分の脳は正にOSのように数ある情報を適切な時に引き出して、それを組み合わせて処理するだけ、というような形になるのかな、と考えていました。

 

例えば、結局このCPU(処理能力)が高い人が賢い人であって、HDD(知識量・情報量)の容量が大きい人はそれはそれでいいんだけど、HDD自体は無くてもいいかな、と考えていました。

 

ただ、今日はある人の話を聞いて、情報は可能な限りはしっかりと覚えておく必要があるな、と感じました。

 

何でかというと、やはり、話をするときにその情報の裏付けとなるリファレンスがあるかどうかで信憑性・信頼性は確実に高まる、という理由からです。

もちろん、情報の大小、全部覚えるような事は難しいので大切な情報だけはしっかりと覚えて不要な情報を極力覚えないようにしていきたいと思います。

 

で、常日頃から情報を「処理する」という事だけを意識してしっかりと頭を使うくせをつけていきたいと思っています。

ボーっと受身で情報を得るような事だけはしないように。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です