映画「TOKYO TRIBE」観た感想

TOKYO TRIBEを観てきた。

原作の漫画を読んでいたので、楽しみにしていったけど、最初のラップでテンションが下がり・・・

それでも何とか婦人警官のポロリでキープしながら観るものの・・・

 

これから観る人のために、ってもうほとんど上映終了だからいないか。

漫画とは全く「別物」です。

 

好き嫌いも真っ二つに分かれそう。

ほんと、唯一合っていたのは「海」のキャラだけ。

メラは独自キャラとして良かったけど。

清野菜名ちゃんは豪快で良かったです。アクションが、ではなくてね・・・

園子温監督だったので、一瞬黒沢あすかかと思ったけども。

なんか通ずる薄幸さ、みたいなのは感じたけど・・・

 

個人的にはTOKYO TRIBE1で、渚くんのストーリーに絞ってやったら良かったんじゃと思いました。

ヒットすれば2作ればいいしね。

まあ壮大な「バトルラップミュージカル」でした。

 

スタッフロールの後何か出そうだったけど、速攻出てきたわ。

そんな感想です。

 

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です