大先輩と会う。所属するコミュニティを増やす。

さて、物事って不思議なもので何だか動き出すと自然と動き出したりするもの。

今日は高校の先輩、ビジネスの大先輩に会ってきた。

もうほんと流石。この先輩には以前から諸手を上げて白旗なのだが、今回お会いしたらまたステージが上がっていた。
色々と話をさせてもらって、ありがとうございました。
収入を得る手段をいくつか持っていかなければならない、と痛感した。
やっぱり今の社会の常識、というものから少しだけ軸をずらさないといけない。

今日の話の中でも色々と気づきがあった。自分で言語化出来ていないな、と思うことをいくつも言語化していてさらっと話してくれた。
ビジネスのアイデアも浮かんだので形にしていきたい。

名言をいくつか。捉え方が違っているものもあるかも知れないけど。自分はこう解釈しました。
・掘る力があっても銅を掘っていたら意味が無い。金を掘らないと。
→力の注ぎどころを間違ったらいかん

・元アスリートは努力と情熱を注げるが、使われる中でその力を使ってしまう事が多い
→どんな場所でも頑張ってしまうが、自分のために使えているか?スポーツで培われた人間性というものは素晴らしいが、いい人になってしまう可能性大。

・「本当に」人生でやりたいことは何なのか?自分の人生を本当に考えている奴は少ない。
→きれいごと抜きに、本当にやりたいことは何か?本当の欲求は何か?それを実現するためにあらゆる手段を考えているか。

・スーツは着ない。ジーンズやジャケットで出来るような仕事をする。作る。
→満員電車に乗って疲弊するような人生に先は無い。そこから少し外れるだけですごく楽になる。

で、思ったのはやはり自分の所属するコミュニティーを多く持つ事。
コミュニティにはコミュニティのレベル・質があり、飛び抜けた人がいたとしてもやはり均質化されるもの。
簡単に言えばJリーグにいてたまにすげー奴もいるんだけど、そもそもプレミアとかリーガにいた方が平均的にすごい人が多いでしょって事。

そしてそういう異なった人たちと触れる事は本当に刺激になる。自分もレベルアップしないと。

いやー決定的な勝負所を今日は2点、仕入れました。これまた感謝。
また頑張ります。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です