さらば、国王よ

By the way, this time it is allied with an Australian old-timer (Abori○ine), and the planned cause co-worker that the founding of a country does a thing such as Iwa○Jini kingdom in Japan will leave his ground. He who goes to a Japanese grand university. I pray that I want you to become an excellent person heartily.
It was his farewell party, but the girl came over, too.
I don’t know why, we were together since New Years day and she was very close to me. She likes me?
I don’t like such a situation.
She might know I have a girlfriend but she doesn’t mind. I don’t understand whether there is hard to be it well.
How will you become it after this?
Don’t be afraid. I will know that soon. Let’s go.
One, two, three…

===============

さて、この度、オーストラリアの大先輩(アボリ○ニ)と結ばれ、日本にてイワ○ジニ王国というものを建国する予定の元同僚が彼の地を去ることになった。日本の偉大な大学に行っている彼。立派な人になってもらいたいと心から祈るばかりだ。
と、彼の送迎会だったのだが例の子もやってきた。
何故か年越しから3日連続でいることになっているのだが、本日は結構ひっついてきた。好かれたか?
あい、とぅいまてぇーん。こういうの苦手です。
私に彼女がいるのをわかっているはずなのに、あまり気にしていない様子。ありがたいのかどうか、よくわかりませんが。
この先、どうなっていくのだろうか。
危ぶめば道はなし。行けばわかるさ。いくぞー!
1、2、3...

2007-01-02 23:59

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です