人員構成

・Owner (aussie)
・Owner’s girlfriend (Japanse)
・2 Kenyan
・Korean
・Japanese couple

It’s quite many people.
I think I don’t want to meet, talk with Korean any more. It’s just as I have thought that his pronounciation is Korea’s but he wants to speak English. It’s better than other one.
I worried about Japanese couple but they want to speak English. It’s good. I can always speak English while I’m staying at home.
It is particularly worth noting that our housemates Kenyan! ni○○er! I’m really sorry I don’t want to have a discrimination. I worte it meaninglessly.
They are really nice guys. When I say to them “Hey guys”, they answer “Yo Yo” naturaly.
It’s pressure life. I will stay here longer because my house is good as well.

===============

・オーナー (オージー)
・オーナーの彼女 (ジャパニーズ)
・ケニアン2人
・コリアン
・日本人カップル

結構多いですな。
コリアンはもういいやとほんとに思う。案の定、ばっちりコリアンプロナンシエーション。まあでも彼は英語を話したがるらしいからまだいいや。
あと、心配していた日本人カップルも英語を話したいらしいのでこれは良かった。家ではずっと英語を話せる。
特筆すべきはケニアン!ニ○ー!すいません、まったく差別するつもりとかありません。何となくノリで書いてしまいました。彼らはすごくナイスな奴らです。Hey guysって言うと、Yo、Yoって返してくる。自然に。
まあ、楽しみな生活です。家もよいのでしばらくはいようと思います。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
シェアしていただけると、本人泣いて喜びます!
また、記事更新もやる気が出ますので応援していただければ幸いです!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です